Menu

HOME

Home
名古屋市西区の内科 クローン病の診療は宮田医院

名古屋市西区の医療法人大樹会 宮田医院では、一般内科をはじめ、潰瘍性大腸炎など炎症性腸疾患の診療を専門に行っております。また、セカンド・オピニオン外来やプラセンタ・にんにく注射などの特殊外来・診療も行っております。

  お知らせ

地域の皆様の安心  宮田医院のこれまでとこれから

地域の皆様のかかりつけ医院 宮田医院のこれまでとこれから

先々代 宮田一夫がこの地で開院したのが、昭和15年11月⒓日。

空襲や戦後の混乱を乗り越え、休むことなく70年以上の月日を、

常に、患者さんの笑顔と健康のために、診療してきました。

現在は、一夫の長男である伸樹を経て、三代目 宮田充樹が院長を務めております。

地域医療、消化器難病医療、成人病医療(糖尿病、肥満管理、アンチエイジング)など、
皆様のお役に立てるよう、精進してまいります。

よろしくお願い申し上げます。

医療法人大樹会 宮田医院 院長 宮田 充樹

診療時間・担当

10月3日からの診療時間

夕診は月曜のみ17時診療開始、土曜日の担当は基本的に第1・3・5が充樹、第2・4は外科外来医ですが、変更がある場合はページ上部の「お知らせ」に記載いたします

一般内科・小児科・胃腸科は、名古屋市西区の宮田医院へ