名古屋市西区の内科 潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患は宮田医院へ

セカンド・オピニオン外来/その他  内科 名古屋市 西区 クローン病

ビル・にきび外来

HOME > 特殊外来 > ピル・にきび外来
  • ピル外来

     低容量ピルは、従来のものに比べて副作用が少なく、毎日決まった時間に服用すればいいため、飲みやすくなっています。
     欧米諸国では、妊娠可能年令の女性の、数十パーセントが服用しているという報告もあります。
     目的も様々で、避妊はもちろん、海外旅行などのための生理コントロール、子宮内膜症や月経痛の症状緩和、にきび対策などに用いられています。
      当院では目的に応じて、21日タイプ、28日タイプの低容量ピルと、緊急避妊用(モーニングアフターピル)を処方しています。
     一定年令以上の喫煙者、元々病気がある方などは、服用できないこともありますので、ご相談ください。副作用のチェックのため、初回服用後一ヶ月、継続服用中は三ヶ月に一度ずつの血液検査を施行します。

    【通常診療時間でも、午後予約外来でも受診いただけます】

    一周期(21日または28日分)   3,000 ~ 3,500 円(診療・指導・薬剤費込み)
     * 検査時4,500 円が追加となります

  • 21日タイプ

    すべてがDay 1 スタートの薬剤です。
    (Day 1 スタートとは、月経開始一日目からの服用が必要なタイプです。第二周期からは、月経開始時ではなく、21日間の服用と七日間の休薬後、または28日間の服薬後に、のみ始めます)
    服用日数が少ないぶん、のみ忘れやすいタイプといえます。

  • 28日タイプ

    Day 1 スタートに加え、Sunday スタートのタイプもありますが、後者は月経開始が週の初めだったときに、妊娠しやすくなるため、当院では扱っていません。
    28日タイプは、21日間ホルモン合剤を服用し、七日間はプラセボ(薬効がない錠剤)をのむものです。
    毎日決まった時間に服用するため、のみ忘れが少ないのが特徴です。
    ただ、のみ忘れたときに、ホルモン合剤とプラセボでは対応が違うため、注意が必要です。

  • 緊急避妊用(モーニングアフターピル)

    予定外の性交渉や、コンドームの破損など、妊娠を希望しないのに可能性ができてしまった方のためのものです。下記の二種類の方法がありますのでご相談下さい

    二回法(プラノバール錠)
    性交渉後、72時間以内に2錠服用し、12時間後に、もう2錠追加します。
    頭痛、吐き気など副作用が出現する頻度は、上記の低容量ピルに比べれば多いとされています。
    喫煙者、持病がある方は、 服用できないことがあります。
    一般的に避妊成功率は75パーセンとされており、72時間以内でも、なるべく早く服用したほうが良いとされているので、早急に開始したほうがよいでしょう。
    診療費    4,000 円 (薬剤費込み)

    一回法(ノルレボ錠)
    性交渉後72時間以内に、一度に2錠服用します。
    頭痛、吐き気など副作用が出現する頻度は、上記の低容量ピルに比べれ少ないとされています。
    喫煙者、持病がある方でも服用できます。
    一般的に避妊成功率は90パーセント前後とされており、72時間以内でも、なるべく早く服用したほうが良いとされているので、早急に開始したほうがよいでしょう。
    診療費    12,600 円 (薬剤費込み)

    【参考】 
    (出典:Lancet 1998; 352: 428-33 Randomised controlled trial of levonorgestrel versus the Yuzpe regimen of combined oral contraception、Task Force of Postovulatory Methods of Fertility Regulation)

    妊娠率    一回法 1.1% (n=965)  二回法 3.2% (n=948)
    (解説:一般に一回の性交渉で妊娠する確率は、性周期にもよりますが25~45%とされているため、上記避妊率よりも低い数字になります)

    服用時期別妊娠率 
    一回法 24時間以内0.004%、25~48時間以内0.01%、49~72時間以内0.03%
    二回法 24時間以内0.02%、25~48時間以内0.04%、49~72時間以内0.05%
    (解説:やはり早めの服用が、妊娠をより高く阻止しています)

  • にきび外来

    にきび(尋常性ざそう)には、さまざまなタイプがあります。一般に『二十歳を超えれば、吹き出もの』と表現されますが、小学生でも三十台でも同じ状態です。
    毛穴が皮脂で詰まり、細菌感染を起して腫れあがったのが、トラブルの本態です。
    中学生、高校生では、皮脂の分泌が活発であるタイプのにきびが、多くみられます。また、二十歳前後からは、ストレスや生理不順によるホルモンのアンバランス、便秘や刺激物(とうがらしなど)摂取による腸内細菌の変化も原因になると考えられています。

    当院では診察のうえ、もっとも適していると薬剤を処方します。

  • アクアチムローション

    朝、夕の洗顔後、にきびがある場所のみに塗布する、抗生剤です。
    刺激が少なく、サラサラしたローションタイプなので、ベトつきも気になりません。

    皮脂の分泌が多い、若い方のにきびに適しています。

    【健康保険適応内】

  • ディフェリン・ゲル

    にきびの原因は毛穴が詰まることです。皮脂の分泌が多い場合もありますが、角化細胞の増加によって毛穴自身が細くなっている場合もあります。

    ディフェリンゲルは、この角化細胞の増殖をおさえるもので、にきびの抑制作用は最も強いとされています。レチノイド作用と呼ばれる働きが、角化細胞の増殖を抑制しますが、テレビなどで宣伝されているプロアクティブ(登録商標)にも、同様の薬剤が含まれています。
    一日一回、就寝前の洗顔後に塗布します。乾燥、発赤、かゆみなどの副作用が出ることがありますが、経過観察や保湿剤を加えることによって、継続可能になる方が大多数です。
    皮膚の角化層が薄くなるため、一種のケミカルピーリングとも表現できます。(実際に美容外科では、この薬剤の発売後、美白・シミ除去に使われているそうです)
    注意点としては、妊婦さんや妊娠の可能性がある方、授乳中の方は、使用をさけたほうが良い、というものがあります。

    【健康保険適応内】 にきび、にきび跡の凸凹肌
    【健康保険不適応】 美白・シミ取りなど
    * 保湿剤(ヤケド跡に使用する厚労省認可医薬品)とセットで、月 5,000 円程度

  • デュアック配合ゲル

    にきびの原因は毛穴が詰って細菌により炎症が起こることです。
    デュアック配合ゲルは、2つの成分でにきびを退治します。一つは昨年まで医療機関でのみ販売され、愛用者も多くいた「BPエマルジョン」の主成分、過酸化ベンゾイル(BPO)。これは角質を剥離させて毛穴を開き、酸化による抗菌作用を発揮します。
    もう一つもすでに処方されて効果が確認されている「ダラシンゲル」で、ニキビの主原因であるアクネ菌に強い抗菌作用を持ちます。
    1日1回夜の洗顔後に、にきびができやすい部位全体に塗布してください。

    【健康保険適応内】炎症性(活動性)にきび

  • 低容量ピル

    上記ピル外来で紹介させていただいたピルのうち、第三世代の一相性ピル『マーベロン』には、避妊以外にもいろいろな効果があります。
    確認されているものだけでも、月経困難症や月経不順の改善、卵巣癌や子宮体癌のリスク軽減、骨粗鬆症の予防などです。
    なかでも、にきびには効果があり、上記のジオールが効果不十分の場合、服用をお勧めします。

    【健康保険不適応】

一般内科・小児科・胃腸科は、名古屋市西区の宮田医院へ